ソウルチェンジ(進化のために魂を交代し、自分の限界を超える方

なりたい自分に変わり、限界を超えて進化するための”魂の変更”

 

  • HOME
  • >
  • Q&A
  • >
  • ソウルチェンジのマスター・ファーラからのメッセージNO.3

マスターからのメッセージ NO.3 NO.1 NO.2

Q.ソウルチェンジはアセンション、進化のための
  地球計画には盛り込まれていたんでしょうか。

 
メインではないように思いますが可能性の一つとしてはもちろん考えられていました。
奥の手というようなイメージの方が合っているように思いますね。
はっきりいってずっと一つの魂でやってもいいところを何とか進化を早めるためのことですので。

Q.ソウルチェンジは個々の進化を早めるということ
 ですが、個々の進化は地球の進化にも影響しますか?

 
影響してきます。ソウルチェンジをすることで、個々の人間が進化して次の時代の輝きを放ち、
それも時々光って時々疲れて輝きが減るのではなく、疲れたり次の問題に取り組む段階となったら
またチェンジを繰り返していくことで、常にゆるぎなく輝き続けられることになります。

ソウルチェンジをする人が増えれば、周囲の人にとっても
そういった輝いた状態で生きられるのだということが現実味を持って感じられるようになり、
輝いた状態でいることが多くの人にとってどんどん普通になって、
希望に満ちた光が多くなることになります。
光が多くなれば、地球全体が上に行ける可能性もぐっと高くなります。

Q.ソウルチェンジを進めるために
  地球としてのマクロの解放も必要ですか?

邪魔をする霊的な存在が多いと、ソウルチェンジがなかなか達成されないということも
実際にありましたので、
地球全体のマクロとしての邪魔をするネガティブな存在の解放が進むと、
ミクロである個々への邪魔も減ってソウルチェンジが行いやすいというのは確かです。
マクロとミクロは相互に影響し合っています。

Q.どのくらいの数の人がソウルチェンジをすると
  地球にとって明らかな効果となりますか?

ソウルチェンジでは、段階を追って入れる分だけの容量の魂を入れていきますので、
確実に何人というのも難しいものがありますけれども、今5万5千という数が浮かびました。
個々の差がありますのでざっと言ってという数字ですね。
周りの人も影響を受けて光り出すこともあるので、
地球をちょっと離れて見ても地球が光っていると全体として見えるにはそのぐらいの数でしょうかね。

まず日本で確立して世界へというのが順当ではないかと思いますけれども
なるべく多くの地域でなされたほうが人の目に触れて、地球全体としての光が増すでしょう。

Q.新しい地球についてお話していただけますか。

新しい地球についていろいろな姿を想像する方がいて、それはもちろん自由意志なのですが、
私たちが考える新しい地球というものは、これまでより制限がなくなっていて、
よりそれぞれが本来したいと思っていることがスムーズに実現できて、それが成り立つ世界、
個々がもっと生き生きして心地よい状態でありながら全体と調和している世界です。

そして人だけでなく自然も生き生きと楽しそうに復活をしたり、いい状態にあって
全てのものが互いを尊重し合える世界です。

宇宙の本質的な仕組みと同じように、望めばいろいろなことが可能であるということが
より明確に分かる時代と考えています。

それは次元が上がることによって楽にできるようになりますし、
互いが協力関係にあるということは、地球上の人や存在同士が協力関係にあるばかりか、
他の星の存在とも協力関係にあるということです。

これまでのように、ネガティブな存在の邪魔によって大切なことに気付かせるという方法を取らずとも、
神聖なるさまざまな存在たちとしっかりと繋がって協力することで、
自由意志というものを尊重しながら成長のために楽しく進める、
そのことで新しいものを生み出したり発展させられる世界、というように私たちは考え、
その自由さや希望の光が何倍にもなって広がっている世界を目指しています。
 

Q.次元が上昇するということについて、
 惑星レベルで10次元とも言われていますが、具体的に
 どれぐらいの次元まで地球が上がるのでしょうか。

制限はないのですけれども、ある一つのところまで発展するとすれば、
地球に存在しているものたちの多くが6から8次元ぐらいになるところで一つ大きな変化として
見られる姿になると思います。
そうでない方も存在できないわけではないでしょうが、そのぐらいの次元で
安定するのではないかと思います。

今の3次元から、4次元5次元と進むプロセスは、個別に進行してそれが重なり合っていて
全体に一緒にというわけでもないですし、平均的に見てそれぐらいになるには
まだ時間が必要ではないかと思います。

いろいろな説を持つ方がいると思いますが、制限はかかっていないので
今はまず肉体を保ちながらも高い次元に上がれるものをどんどん上げて、
それによってその他がどこまで上がって
肉体や地球の物質のレベルに反映されていくかをやっていると思います。
それはもう始まっているといっていいでしょう。個人差がかなりあります。

ネガティブなものが地球に多くある状況が生まれると比率が変わるということもあり、
次元というのはいろいろな見方もあって、どの次元になったと一概に言うのは難しいことです。
私たちとしては個人の解放により目を向けるものですので、
本来的に自分が一番快く自由な状態とはどんなものかを
個人がそれぞれ探っていくことが大事だと思っています。

何かを否定することは下げる力になるので、そうではなく互いを尊重して周りと調和をして、
その中で個々が本来の自分の可能性に目を向けて、自由で輝いた状態になり、
さらにそれを継続的に発展させていける方が多くなったときには、地球に光が増えているはずですし、
光が増えると次元も高くなっているでしょう。

地球という星自体にも、より進化したい、脱皮をするように
もっと明るく輝きたいという意志がありますので、
そこに合わせる意図を持つことでインスピレーションが湧き、
高次の存在たちとともに進みやすくなるでしょう。

Q.次元の数字は分かりずらいという話でしたが、
 6とか8次元に進化するとどうなるのでしょう?

さまざまな点で自由度が増すことで、物質化するかしないかという選択の幅も増えて、
自分の形を変えたり消えたり瞬間移動することもできるようになるでしょう。
それはなぜかというと、高い次元になると思いをすぐに実現できるから、ということです。
そのときに、その人の思いを実現することに肉体の全部の部分も了解しているから実現できるのです。
それはいろいろな浄化が終わって始めてできることでしょう。

ただ、この今の地球の制限されたルール、ある意味での不自由さの中でやってみることを
意図してきたものもいますので、ただただ可変性を上げることが進化の目的というのではありませんが、
宇宙としては必ず決まった個体でいなければならないという制限は、本来ありませんので、
その本質的なところを分かったものには、いろいろなことが可能になるということです。

Q.地球の進化にタイムリミットはありますか?

計画として目標はあったわけですが、タイムリミットがあるのではなく、
ある意味で、できたときがそのときということになります。

ただ、今周りの環境が制限されていることから
進化したくてもできない方がいる状況があるのも事実ですので、
サポートする神聖な存在たちは、どうにか全体の進化を早めて状況を整え、
個々の進化が達成されやすくなるように仕事を続けています。
その仕事が達成されるにつれて、地球全体としての進化がより早まります。

Q.光と反対のベクトルを持つものはどうなりますか。

難しい問題ですが、そうした方がいる場所も宇宙にはありますのでので、
そういった場所に行き、そこに吸収されていくことも望めば可能になっていくでしょう。
私はその世界に詳しくはないですけれども、
これからはその場所は地球ではないということになるはずです。

ただし、細胞一つに至ってもそれぞれの意志に反して
そうしたところに連れていかれるということはありません。

個々の中でもしも半分は光に、半分はそうでない方向に行きたいという思いがある場合は
苦しくなりますが、最後は決断になると思います。

光に向かおうとしない方をどこまでどうするかというのは
慎重にならざるをえない大きな問題であり、まだ大丈夫ですが、
私たちは今、光にできるだけ楽にスムーズに向かうための方法をどんどん見せて導き、
淡々と仕事をやっていくに尽きるということになります。
一時期よりはこのことは楽になっているといえます。

地球はある意味では若くて、脱皮や進化に向けて全員で光に行きたいという意欲があるのですが
それに反する意志というものも、また尊重されるというのが宇宙です。

個々は自由意志によってそれぞれに合った進み方で進化をしていくというのが基本ですが、
地球上で生活しているために、無意識レベルでは皆繋がっており、
誰かの進化が周りの状況にポジティブな影響を与えるということは多いにあります。

Q.地球が光の世界に進化していくことで
  皆が豊かさを得られるようになりますか?

6次元なり高次元の世界がある程度安定してくれば、誰でも自分の欲しいものを
具現化できる状況になるはずです。

安定するまでは個々の進化の具合に応じてという部分もありますが、
全体としては皆が制限から外れて自由に豊かになる方向にありますので、
誰かが牛耳ってという形が薄れていく方向にはあるはずです。


Q.地球が進化すれば、病気はなくなりますか?

その方が特別にそれを試してみたいということで求めない限り、病気はなくなると言っていいでしょう。
病気になることで何かに気付くという方法を取る必要がないためです。

自分を構成する存在たちとの協力関係の中でいろいろなことに気付いて進化を進め、
何か不具合が起こる前に全部を把握できているという状態になります。

Q.肉体を持ったまま永遠に生きるということが
  可能になりますか?

地球自体も永遠ではないので、永遠に肉体を持って生きられるとは言えないでしょう。

普通に想像できる限り長い間、肉体を持って生きるということは望む限り可能ですが、
他の星でもそうであるように、多くの方は何千年も同じ肉体でというよりは
ある時期に来たら違う形で新たにやってみたいという方がほとんどのようです。

Q.人間以外の存在も進化、上昇していきますか?

人間以外のものも、個別の意識をより持ちやすくなっていくでしょう。
望めば互いに交流ができるようになり、そのことに喜びを感じることが多くなると思います。

動物や植物も、制限されてはいますが今でも感情や意識があります。
彼らは宇宙の流れを遮るものが人間と比べてないので、
彼らに意識を向けてあげることによって、
よりリアクションや感情表現をすることができるようになると思います。
個体差はあるでしょうが、より生き生きとした自由な状態になり、
人間に使われなくてもいいのですからいろんな形があり得ると思います。

物質も、動物や植物ほどではないにしろ意識を持ち得ます。
魂が入っているという形ではないでしょうが交流によって反応をする可能性があるはずです。
人間によって作られた物質は、人間の意図の流れによって動かされ、
人間の念などを保持することがありますが
それ自体の輝きというものも物質としてあるはずで、それが出てくるでしょう。

Q.地球にはまだ戦争がありますがこれについては?

戦争は、ほとんどの方は望んでおらず、
多くの方は使われたり指示されたことによってそれをすべきとして動いているだけです。

歴史的な流れという意味で、過去は現実化しているので
全く新しい未来を想像するより過去を見る方が容易であり、
上層部というか戦争により何かを得ている一部の方々が戦争を決めていますが、
そういった方たちであっても徐々にではありますが、戦争をすることに意味がないということを
実感しそれが行動に移されるまでに変わっていく方向にはあるはずです。

込み入った関係性があってもそれを解消する方法というものはいつでも必ずあるはずですので、
私たちとしては地道に光を増やしていき、必要であれば霊的な存在に働きかけるということになります。

多くの一般の方が戦争に意味がないと強く思えば、それだけそれが全体の意志になるのでそれを待ち、
新しい可能性の方向に注意を向けるということです。

Q.宗教についてはどうでしょうか?

宗教は、ある時点では縛りや決まった道があった方が進むためによかったということで
生まれたものでしょうが、本質的には同じものでそもそも皆宇宙の大きなところからきているのですから
そこにたち帰るということが大事であり、形にとらわれる必要がない中で、
新しい個別のやり方があってもいいことを知らせ、進化に導くように働きかけるのが私たちです。

Q.天変地異はなぜ起きるのですか?

多くは地球の自己調整のためであり、
誰かが考えるように天罰ということはまずないと言っていいかと思います。
人と地球では時間の流れ、時間軸が違いますが、本来であれば
地球に動きが出るとき人は察知してその場を離れるといったことが望めばできるはずです。

住むのに危険な場所や、不自然なものがある場所に意識を向けるために何かを起こす
という意見が強くなればそれが起こるであるとか、
自然の力をサポートとして不必要になった結界を破るといったことはあるかもしれません。
いずれにしても、これからの方向としては地球に負担がかからないような住み方になっていくはずです。
 

 

Q.今の地球の状態を教えて下さい。 

希望はいつもあるところにはあるのですが、
それこそまだ戦争もあるし、お金の面でも格差があります。
時代背景によってそれぞれよしとされている価値観がある中で、
本質的なところを掘り下げて、それに沿って行動を起こすところまでいかない状況があるのも確かです。

ただスピリチュアルといいますか内的なこと、
そこに繋がっている宇宙の本質的なところに興味のある方も多くいますので、
昔から考えたら皆意識は上がっていると思います。

私たちとしては、進化のための一つの大きな手段としてのソウルチェンジを伝え
それが発展、展開していく可能性を見て導いていきたいと思います。

おまけ:ソウルチェンジのマスター・ファーラさんのこと

笑りゅうさんのマスターコースを受けてスピリチュアルなことを学ぶうちに、
自分に限界を感じる段階にいた私(柏崎真弓)は、ソウルコネクションのセッションを通じて
「自分の魂が変わる」ということが可能であることに気付き、
2013年の夏至の日、ソウルチェンジというものを始めて体験しました。

その後、これは凄いことだ、一体どういう仕組みになっているかもっと知りたい!と思いました。
するとなんとなく上の方に、キラキラしている霊的な女性の存在がいるように感じました。
同時に、誰かの肉体に入れることを期待して、とてもワクワクとしながら待っている
非常に多くの存在たちが上にいることも感じました。

ソウルコネクションのセッションを再び笑りゅうさんにしてもらう中で、
私のガイドマネージャーに話を聞いていると、
「魂が変わることについては私ではなく担当の存在に聞く方がよい」ということでしたので、
その存在に出てきてもらいました。それが、私が感じていたキラキラした女性の存在でした。

彼女はまず、くすくすっとおかしそうに笑いながら登場しました。
なぜ笑っているのか聞くと「地球の人は皆、真面目です」とのことでした。
真面目にセッションをしていること自体が、彼女にとってはとっても面白かったようです。

彼女には地球で知られている名前はないとのことでしたので、
呼びやすいように名前を付けることにしました。
(通常、高次元の存在に名前をつけることは能力の範囲を限定することになるのでしないのですが
彼女の場合は地球にとって新しい存在のため呼びやすくすることがこの場合よいとの理由から
名前を決めました。)

「笑って」登場したことから、よく天使に使われる○○エルというのをつけて
ワラエルとかワーラエルとかどうですかと笑りゅうさんが聞くと、
「できればもう少し女性らしい名前を・・・どうでもいいことではありますが、ふふ」
ということで、ファーラエルと転じて、ファーラという名前に決まりました。

ファーラさんは陽のエネルギーを発していて、
常に笑顔で話しているのだなあと分かる声色で丁寧な口調で話し、
イメージとしてはソウルチェンジらしい希望に満ちた黄色から金色のような色でした。
 

彼女はある時期には魂として私に入れる限りの容量で入ることで人間を経験しつつ、
主に笑りゅうさんを通じてこれまで地球で活躍してきた天使や神々その他の霊的存在たちと協力し、
この魂を変えるという方法を「ソウルチェンジ」というシンプルな名称で呼ぶことなどを、
セッションを通じて話して決めるといったことを行い、ソウルチェンジの進行を見守っています。


*メッセージはこのように受け取りました。

上記は、ソウルチェンジのマスターであるファーラ(と私たちが呼ぶ霊的な存在)からのメッセージです。
これは、笑りゅうさんが私(柏崎真弓)に対してソウルコネクションヒーリングのセッションを行う中で、その時点で柏崎真弓の中に魂として入っていたファーラを呼んで話を聞くという形で得られたものです。
(ソウルコネクションは、セッションの受け手の意識のフィルターを完全に外した形で話せるため、セッションの受け手が知らないことを含むいろいろな情報を純粋に得やすいという利点があります。)
これは2014年9月22日のセッションでの内容をベースとしており、時代が進むにつれ更なる情報が降りる可能性がありますが、ソウルチェンジの根本部分を伝えるのに十分なものとして発表しています。詳しくはお尋ね下さい。