ソウルチェンジ(進化のために魂を交代し、自分の限界を超える方

なりたい自分に変わり、限界を超えて進化するための”魂の変更”

 

  • HOME
  • >
  • Q&A
  • >
  • ソウルチェンジのマスター・ファーラからのメッセージNO.1

マスターからのメッセージ NO.1 NO.2NO.3

Q.ソウルチェンジとは何ですか?

ソウルチェンジとは、魂が変わることです。
魂が変わることで、その人がよりなりたい姿になるためのことであり、自分で行うものです。
真弓さんはソウルチェンジを恩寵のようなものと感じていましたけれども、そうだと思うんですよね。
頑張ってきた方が目的を遂げるためになんとかいい方法はないかということで与えられた方法です。

ソウルチェンジは、一つの魂で一生を終えるという通常の流れとはちょっと異なる形ではありますが、
進化を目指しているという目的がはっきりしているのなら、もっと早く進化する方法がいろいろあっても
何の問題もないというのが宇宙ですので、その間口、機会を開放してあげたということになります。

そこに意識を向けさえすれば、特別な努力による進化を意図してきた特定の方だけでなく、
どんどん普通の人でもソウルチェンジを行える時代になっています。


ただし魂を変えるというのは大きなことでありますので、
しっかりと自分の中で自分を構成する存在たちの賛成を得て、
邪魔が入らない守られた状態で行われるということはとても大事です。
進化であるとか、その方がなりたい形に進むというのが第一目的ですので、
その純粋な目的が損なわなければ、ソウルチェンジはどなたにとっても可能性があるものです。

また一度行った方には、状況に応じてどんどんその次のソウルチェンジが可能ですので、
無限に新しいことができる扉が開かれたことになり、それを受け入れられる方がいればいいと思います。

全ての方がソウルチェンジをしなければというのではないのですが、
魂を変えると光が全く異なる輝きを持つということ、
そしてそれが安全にどなたでもできるということが分かる状態に持っていって、
それを望む方に可能性を知ってもらうことは、
多くの方にとって、自分に対しての限界をもっと広げられるのだという希望を与え、
新しい視界を開くことになると思います。

Q.ソウルチェンジはどんな人におすすめですか?

一番は限界を感じている方、肉体的、精神的に進化の意志があるにも関わらず方法として手詰まりになっている方、
激しく望んでいるのに達成されていない方におすすめです。

そして次に、特に今不都合もないけれど、どんどん進化できるならしたいという方です。
この方法は確立されたレベルにきているので、その希望を持つ方にはどんどんチャンスがあるというこです。

自分の性質やキャラクターとしての幅、深みを自然に得るということは
普通ではなかなか難しいことですが、
例えば、男性的な性質が強い方が、魂を変えることによって女性的な包容力を追加したといった例も
実現されています。
ソウルチェンジは、自分の可能性を大きく広げることができる他にはなかなかない方法であり、
個人のソウルチェンジは地球の進化のためにもいい影響を与えます。

新たな能力を得ることに関しては、その方の浄化や進化の段階に応じてになりますが、可能です。

また、自分の今の特定の問題を解決したいということで、それを解決するのに
最も適している魂を入れて、解決したらまた次の問題に向かう時にソウルチェンジする、
ということも許されていますので、何か解決したいことがある方にとって、
これまでとは違う新しい魂を得るということはとても大きな機会になります。

肉体的に限界を感じている方がより元氣になる可能性も多いにあり得ますのでチャレンジされたらいいと思います。

精神的な問題に直面している方ももちろんそうです。
例えば、霊的にいろいろ受け入れてしまって自分の努力ではどうしてもやめられない方が、
ソウルチェンジのプロセスを踏むことによって解決できた事例があります。

さらに、追求心がある方にはおすすめです。
自分の進化に関して興味がある方、そして宇宙の進化について興味がある方、
このように自由が許されている宇宙というものに興味がある方は、
それを自分の中で体感できる素晴らしい機会ですので、トライしてみられるといいと思います。


ただ、このソウルチェンジという方法は、本来的なところにたち帰って
自分の夢を叶えるものですので、もしもそうでない場合はこの方法は向いていません。

個人の欲求は何でもいいのですが、この方法は宇宙の本質的な方法に則って
行われるものであるので、そこからずれるような意図、
他の存在の自由意志を尊重せずコントロールしたいといった意図がある場合には適しません。

限界が来ている方については、まず一度目にエネルギーを取り戻すためのソウルチェンジをして、
状態を整えてから自分の問題に取り組み始める、ということができますが、
どこかの段階では、必ず自分自身を見つめるということを通りますので、
それを避けてただただ楽に行きたい方には向いていません。
それを避ける段階の方もいるでしょうが、その方はまた別な方法でやっていただくということになります。

Q.ソウルチェンジの仕組みについて教えて下さい。

自分を構成するもの、つまり自分の中の意識、魂、肉体がソウルチェンジをすることを了解し、
ガイドマネージャー(自分を導く高次元の霊的な存在)も承認した時点で、
ソウルチェンジへの道が開けます。

意識については無意識レベルの了解であってもいいといえばいいのですが、
できれば顕在意識でも了解をして目的を定めた方が、
皆と協力して目指す方向に強く向かいやすいという利点があります。

自分を構成する全員の賛成を得られたら、
それまでの魂がどんなミッションを遂行しようとしてきたかと、
意識がこれからどんな自分になりたいのかを考慮して、
意識がどんな魂を望むかという意志を確定した後、それを踏まえてガイドマネージャーが
次に入る魂を選出し、その方が眠っている間などに魂をチェンジする、というのが基本です。

その際、地球の変容・進化を導きソウルチェンジの進行に深く関わっている
根源からの神聖なマスターたちが強力にサポートし、
悪的に体を利用する意図がある存在などが入ることなく安全に行われるようにしっかりと守ります。

ソウルチェンジをリードするガイドマネージャーは、
その根源からのマスターたちの承認を得たレベルの存在であり、
必要があればガイドマネージャーがまず適切な存在と交代してから、魂のチェンジに進むことになります。

また、何度もソウルチェンジした方についてはソウルチェンジというものがよく分かっていますので、
魂の選出において、その方の意識の意見が重視される場合もあります。

ガイドマネージャーと意識との信頼関係が強固である方については、
意識の意見を待たずにガイドマネージャーが目的を達成しやすくなる魂を選んで変えるという形も可能です。
 

Q.ソウルチェンジにリクスはありますか?

リクスはないです。それはネガティブな方向に進むということがないようにしてあるためです。
そうする意味がないからです。
ソウルチェンジというものは、その目的自体が進化のためにありますので、それ以外のことはないです。
これはいろいろな方の承認を得てはじめて宇宙としてのサポートの中で行われる恩寵のような方法であり、
悪くなることを皆が認めるわけはないので安心して下さい。

もしも悪くなったと見えるのであれならば、何か他の邪魔が入っているかどうか
セッションを受けるといった方法で確認をするのがいいと思います。

特に目的を小さく絞って、そこに対応するための魂を入れている場合には、
全体としてすごく変わったと感じられないことがあるかもしれませんが、
進化というものは確実に進んでいます。

また、魂が変わったことで、自分の奥に置いてあった問題に取り組む準備が整ったために、
その問題を表面化させる、ということもあるかもしれません。
それは新しい魂や高次の存在のサポートとともにしっかりと乗り越えられるはずですので、
新たな気持ちで物事に当たるとよいでしょう。

1回のチェンジですべて悟ったという形にするのではなく、
その都度、その方の段階に応じて入れるギリギリの容量の魂を入れて着実に進んでいきます。

顕在意識が新しい魂に沿うようにして、行動することができれば、より変化を感じられるでしょう。
何回かチェンジを重ねてから、はっきりとした自分の変容を実感する方もいらっしゃいます。

Q.ソウルチェンジは回数を重ねた方がいいですか?

回数を重ねるかはそれぞれの自由意志ではありますが、
回を重ねるごとにやはりさらに大きな容量の魂を入れられますので、光が強くなることは確かです。

また、ソウルチェンジを繰り返すほどいろいろなバリエーションを得られるということになりますので
その時期については自分を構成する存在たちとの相談になりますが、
どんどん繰り返して可能性を追求していかれるといいと思います。
 

Q.ソウルチェンジでカルマは解消されますか?

 魂としてそれまでの生を通じて持っていたものをほぼ持って帰ってもらえるために、
カルマはほぼ解消されると言っていいと思います。

カルマ、つまり業、過去の行いへの報いというものは、
その方の成長、進化の道筋における気付きのためのものですので、
これこれを以前にしてしまったのだから次にこれこれを報復として必ず受けなければならない
という横暴のようなものではなく、別の方法でその点について解決し、
進化していけるのであれば、それでもいいということになります。
この場合、別の方法というのは、進化を目的としたソウルチェンジを
宇宙の承認の下で行うということです。

魂がそれまで持っていたものは、肉体や魂から分離をした意識に
情報として記憶されて忘れることはなく、
ソウルチェンジをした後も、性質としては残る場合もありますけれども、
それは新しい魂と協力して解消していくことになります。

新しい魂が入ることは、それまでとは別の視点を得られるということですので、
意識などに残る不必要になったパターンを客観的に見て対処することが容易になります。
習慣としてそのパターンにひっぱられ、どうしてもそこに埋没してしまって、
自分に対する大きな視点、冷静な態度を欠くという状況が起こりにくくなるということです。

もし、カルマ的な意味で悪癖のようなものが臓器などに影響して病気になっていた場合、
その原因がなくなれば、徐々にその回復は行われていきますので、
病気の具合などによる個人差はありますが、病が治癒する可能性も多いにあります。
ソウルチェンジをすると、魂が元氣であるために肉体によりエネルギーが満ち、
魂の容量が増えることで、肉体が活動しやすくなることが多く、
病や問題に対処しやすいという利点もあります。

さらに、魂のチェンジを達成した後は、肉体自体の意識体のチェンジもできるようになりますので、
肉体の部位や細胞それぞれの話を聞きながら、解放への次の段階に進むことが可能になります。

Q.基本的なところについて聞きますが、魂とは何ですか?

魂は、一つの肉体に一つ入っている意識体です。
魂という意識体がなければ、肉体は物質としてあっても動くことができません。
肉体自体にも細胞意識や集合意識はありますが、
物質にはそれぞれ限定された形で入るようになっていますので、
魂というものがなければ生きている人間としては存在できないということになります。

魂にはそれぞれ性質があります。
それは霊的な高次の存在にもそれぞれ皆に性質というものがあるのと同じです。
肉体を得るということは、魂にとって一つの大きな機会ですので、
それなりに皆意識してこれをやろうということで目的、ミッションを持って肉体に入ります。
なんとなく入るということはありません。

幼少期を過ぎると、現実的なことを担当する部分として魂から意識が分離していきますが、
意識と魂との性質や方向性が異なってきても、魂は常に当初のミッションを遂行しようとし続けます。
魂はいろいろな現実的なところから少し奥まっているために、
ミッションを保ち続けやすいということもあります。

魂から分離した意識も、本来魂のミッションとともにあるようになっているのですが
周りの人々との交わりなどの中から魂と意識との性質、方向性が少し違ってくる可能性というものも
多いに許されているというのがこの地球での状況です。

  

Q.肉体とは何ですか?

肉体は魂の乗り物ではありますが、それぞれの部位や細胞の一つ一つに意識があります。
肉体における集合意識や細胞意識は、かなり制限された形で入っています。

しかし、少しではありますがそれぞれに性質や個性の違いがあり、
細胞意識が個別に何かの情報を保持したり、請け負って、
魂自体の負担を軽くしようとすることもあります。

物質としては地球の物質からできているので、地球に近い性質が多分にあります。
人が起きているとき、肉体は意識(顕在意識)に従って、
例えばどこどこに行きたいとなるとそこに従いますが、
無意識のときはより魂の方に沿うという性質があります。

肉体は、地球や宇宙と繋がるものとして大きな役割があり、
宇宙の流れが再現できる形で構成されています。

Q.ソウルチェンジに向かう際に、肉体を代表する
 存在として話を聞くのに適しているのはどこですか?

基本的には眉間の存在になります。
眉間の集合意識が、肉体の集合意識や細胞意識をすべて繋げて把握する
司令塔としての役割に最も適しています。
眉間の部分は昔から第三の目と言われており、
外を見るだけでなく内側を全部見ているということになります。

眉間の次に、その役割に適しているのは丹田(へそから約10cm下)の存在です。
地に近い仕事をしているとか、肉体的な活動が多い方で力を溜める必要がある場合は
重心を下に下げるために、丹田に司令塔の役割を置いている場合があります。


Q.細胞にも意識があるということですが?

個々の細胞にも細胞意識というものがあり、他の存在同様、それぞれもともとは大きな存在ですが
基本的に細胞として働くという目的だけのために制限された形で入っています。

それは、今の進化の段階においてあまりに肉体の中にたくさんの意識があると
まとめるのに困難であるためです。

細胞たちは、普通淡々と無口に自分の役割の仕事をしていますけれど、
心地いいとかこれはいいなあといったことを思うことはできます。情報を保持することもできます。
その人の学びのために、ネガティブな存在と契約してネガティブな存在として入ってくることも可能です。

Q.肉体の意識体の制限を外すことは可能ですか?

進化の状況に応じて、肉体全体が破たんしない限りにおいて、制限を外すことは可能です。

制限を外すということは、個々の自由度が増すということです。
例えば、細胞の中に栄養を取り入れやすくする方法を個別に生み出したり、
部位ごとに、このためにこうしていこうと決めてやっていくこともあるかもしれません。

しかし、全体のためという大きな視点を持ち、
一つの肉体として破たんしないようにすることが必須ですので、
そのことを肉体のすべての意識体がよく理解できて、それを継続的に実行できる状態になったときに、
制限を解くことに特段問題がなくなります。

ただバランスがというものがありますので、
意識の浄化であるとか、魂やガイドマネージャーとの合意、連携が必要です。

Q.意識とは何ですか?

幼少期以降に、魂という意識体から徐々に分離して現実的な部分を担当し、
実際に起きていることに対する感情、感覚、思考、理性といったものを持ち、
言動を司るものとして成長し、広がりをもった部分のことを、
ここでは意識(顕在意識)と呼んでいます。

多くの方はこの意識を自分だと感じて、魂の目的や状態までは気付かないということがよくあります。
個人差はありますが、成長とともに意識がその奥にある魂の性質や方向性とは
異なるものになることも可能で、特に思考や理性というものは魂とかけ離れることが多々あります。

離れるということは、魂が常に示唆している当初の目的を忘れがちになるという危険性がありますが、
それは環境の中での外からのインプットによって、新しく学んで発展性を持てるということでもあり、
意識での体験を通じて、逆に魂の方も成長することもあります。

無意識(潜在意識)の領域は、魂や細胞意識、ガイドマネージャー、
高次元の存在たちや根源と繋がっています。
 

Q.ガイドマネージャーとは何ですか?

 一人の人間を導くためについている高次元のガイドたちはいろいろいますけれども
ガイドマネージャーはその中でもメインとなる存在であり、常にその人の全部を上から見て導いています。

Q.ソウルチェンジの原則としてガイドマネージャー、
 魂、意識、肉体の合意が必要ということですが
 なぜこの4つなのですか?

まず魂は、本人が還ることになるので了解を得る必要があります。
ガイドマネージャーはその方全部を見ていますので、了解を得なければなりません。

意識はもともと魂の一部ではあったのですが、分離していることがほとんどで、
その人を構成する要素として大きなものとなっていますので、
無意識を含む意識のどこかでは、ソウルチェンジに了解する必要があります。

肉体の細胞意識は大きくなく、普通魂の意見にそのまま従いますが、
魂が変わるということは肉体にも影響があることですので、
影響があるものに対しては可能な限りその意見を聞くということが大事です。

ある意味めんどうなことではあるのですが、安全性を確保するために
ソウルチェンジに影響がある4つの存在に了解を得ることを必須とするということで進んでいます。

エーテル体ですとか意識のさまざまな部分など、細かく言えばいろいろ細分化できるのですが、
人に伝えるときにある程度分かりやすい分類としてこの4つを機軸に考えており、
それで問題ないはずです。
 

Q.ガイドデザイナーとは何ですか?


*メッセージはこのように受け取りました。

上記は、ソウルチェンジのマスターであるファーラ(と私たちが呼ぶ霊的な存在)からのメッセージです。
これは、笑りゅうさんが私(柏崎真弓)に対してソウルコネクションヒーリングのセッションを行う中で、その時点で柏崎真弓の中に魂として入っていたファーラを呼んで話を聞くという形で得られたものです。
(ソウルコネクションは、セッションの受け手の意識のフィルターを完全に外した形で話せるため、セッションの受け手が知らないことを含むいろいろな情報を純粋に得やすいという利点があります。)
これは2014年9月22日のセッションでの内容をベースとしており、時代が進むにつれ更なる情報が降りる可能性がありますが、ソウルチェンジの根本部分を伝えるのに十分なものとして発表しています。詳しくはお尋ね下さい。