ソウルチェンジ(進化のために魂を交代し、自分の限界を超える方

なりたい自分に変わり、限界を超えて進化するための”魂の変更”

 

ソウルチェンジ体験談 8


その時々に必要なソウルチェンジを繰り返し、
なりたい自分に進化する。期待以上の楽しさも! 

Jさん(女性)

ソウルチェンジを繰り返して、一番変わったのは自分の意識です。
以前の私は、自分の意志で動くというよりも人任せにして人に合わせる部分が多く、
これをやりたいな、と思っても自分を主張したり尊重したりせず、
これができるんだけど、ということがあっても人前ではやらない傾向がありました。

なりたい自分というものは漠然とあり、自分で何かをやりたいという気持ちはあるけど
何をやればいいのか、自分は何ができるのかがはっきり分からない状態が続いていました。
先への不安も、いつも持っていました。


私は、自分が変われるんだったら変わりたい、という思いが強くて、
ソウルチェンジに対する不安はありませんでした。
友人がソウルチェンジをしたのを見て私も変わりたい!と強く思っているうちに
自分にもソウルチェンジが起こったのではと感じ、
ソウルコネクションのセッションで確認をするという流れでした。

私の場合、ソウルチェンジをしたときに、
肉体にそれまで体験したことのないような感覚がありました。
しばらくの間、目などの体のけいれんが続きました。
悪いものではないのは分かっていたので、病院に行こうとは思いませんでしたが
魂にもサイズがあり、納まるのに時間がかかる魂もあるのだと感じました。


最初のソウルチェンジで入った魂は、おとなしめな大人の女性で
古い叡智を持っている感じでした。
そのことで、私は物を創作したいと思うようになり、それまでの職場を離れて
新しい地球に向かうことを意図するシャンデリア(サンキャッチャー)のシリーズを
自分で創ることを始めました。
魂や、いつも傍にいてくれるガイドマネージャー(自分を導く存在)と繋がって
イメージをもらいながら、どの素材で、こんな形で、と思考錯誤をして創り上げ、
ララソピアという名で後に販売もするようになりました。

ソウルチェンジをすることでそれまで全く興味がなかったことに魅力を感じて
やり始め、それが形になっていくことを経験したことで、
想像できなかったことでも実際に起こるのだな、ということを実感しました。
なりたい自分に近づくことは絶対にできるのだと感じます。

飛びぬけてこうなりたい、という目標がなくても、
こうなれたらいいなというちょっとしたことから進めるうちに結局、
振り返ってみると大きく変われているのです。


その次のソウルチェンジでは、明るさや楽しさをプラスしたいという願いから、
男の子の魂が入ってきました。
その魂にチェンジしたきは、少し目が見えづらくなった感じは一時ありましが、
すっと入ってきて馴染んだ感じでした。

子供の魂が入ったことで、何でも楽しくやれるようになり、明るい気持ちになって
髪型を変えたり明るい色の服を好んで着たりしました。

ただ、魂と一緒になって遊び心や楽しさは自分の中に持ったのだけれど、
そこに自分の意識が十分についていっていないというか、
本当にこれでいいのか意識として確信しないまま行動していたところがありました。

そのため、自分の意識もしっかりと成長することが必要だと感じ、
それを意図してもう一度ソウルチェンジをしました。

次に入ってきた魂のときは、父の畑の一部を借りて植物を育て始め、
大地と繋がって、自然と触れ合うことを始めました。
もともと植物は好きでしたが、自分でじっくりと一から育ててみようと思ったのは初めてでした。
大地の上で、こんな畑にしようなどと楽しいイメージが湧き、
畑で採れた野菜を使ったお菓子作りにも取り組みました。


植物が育つのには時間がかかるので、その間に何かできるのかなと思っていたところ、
4回目のソウルチェンジが起こりました。
それは何でもやりたい魂で、軽いノリのようでいてどっしりした安定感があり、
ガイドマネージャーよりも魂がリードしていく感じでした。
自然との調和を取るためのシャンデリアを新たな形で創ったり、
しばらくやめていたハープを出してきて
自然が求めることはなんだろうと思って弾くこともありました。

勤めを辞めてから、体に鞭を打って時間に追われて働くことをせず、
休みたいと感じたときには体をいわたることができるようになりましが、
何かしていないと不安を感じることもありました。
しかし、自分がいいと思うときにしかいいものはできないんだな
ということも分かってきて、その時に応じた行動をするようになりました。

また、家族関係も変わりました。
環境が変わり、ぎくしゃくしたものを乗り越えて、
皆がそれぞれのいい部分を感じるようになって、穏やかになったのを感じます。


さらに、肉体にも大きな変化がありました。
私はずっと前に病院で糖尿病と診断を受け、
お医者さん側としては治らないと決め付けた上で薬の量などを考えるという状況でした。

1回目や2回目のソウルチェンジのときは、
体も良くなりたい気持ちはありましたが、自己実現への気持ちの方が強くて、
肉体を置き去りにしていた部分があったと思います。
今では、やはり肉体あっての意識であり、肉体が元氣なときは意識も元氣だと実感します。

体を治そう治そうとあまり思わなくても、臓器や細胞に意識を向けていくうちに、
確実に良くなってきているのを実感するようになってきました。
自分で肉体の意識体のチェンジも繰り返し、
ひどかった冷えやむくみが消え、体が変わってきているのです。
ネガティブな存在が体に入って悪くなったりといろいろな経過がありましたが、
本当に良くなったと思えて体の軽さを体感できたのは、一番大きいです。

周りの人も私が元氣になったことに気付いて、どうしたの?と聞いてくれたり、
母親にもがっちりしてきたんじゃない?と言われます。
貧弱な感じが変わったようで、
薬や検査の数値だけの問題ではないなということが本当に分かりました。
ただ、がっちりもいいですが、女性的な美しさもほしいので
今そのエネルギーを上からもらうようにしています。


ソウルコネクションのセッションはすごく良くて、
肉体に、より目を向けるきっかけにもなりました。

肉体にも意識があるとは考えていなかったので、
セッションで自分の腸やすい臓と話をして、全てにちゃんと意識があるんだ
ということが分かったときにはうるうるっときました。

それまで自分は外にばかり求めてきたんだな、内側を大事にしなきゃ、と感じました。
それを忘れてしまうときもありますが、また思い出し、一人じゃないしな、と思います。
細胞が動くような感じを実感することもあり、
自分というのは意識だけでなく、魂や肉体の細胞レベルの存在を含めて総動員して
協力したときに、できることも深まるのかなと感じます。


セッションの中で、自分を邪魔するブラックの存在のイメージを最初に見たときは、
怖いな、こんなのがあったんだ、と思いました。
しかし、なぜ邪魔をしているのか彼らがちゃんと言ってくれて、
やりたくてやっているのではなく仕事としてやっているんだ、と分かると、
光に還って自由になってほしいな、と強く思いました。

以前の自分は隙だらけで、それが自分の進化を妨げており、
その問題に気付かせるために何度もブラックの存在が入っていたのでした。
彼らがいたときはすごく苦しかったので、あの経験はもうしたくないというのが
正直なところですが、まだその癖がわからないのか、と
彼らが何度も入ることがなかったら、今も同じことを繰り返していたのかなと思います。
ブラックの世界を封鎖することで、体調が良くなる経験もしました。


また、セッションで自分の魂やガイドマネージャーと
しゃべれるということ自体、すごいな、と思います。
意識としての自分が思っていないことや知らないことが自分の口から出てきて驚きがあります。
自分としてはこうなのにな、と思うこともあるかもしれないけれど、
それが誰かが言ってくれることではでなく、自分自身が話していることなので、
不思議なのですが、すごく納得できます。

どうして自分はこうなんだろうと自分を責めてしまう人もいると思いますが、
セッションするとそれがどういう理由で何が起こっていたのかが分かります。

そして、普段から内側と繋がることが多くなってくると、セッションでは
普段自分が受け取っているメッセージが合っているかを確認する作業が多くなってきます。
セッションで言葉とイメージの両方を受け取ることで、
自分が感じてきたことを信じていいなというのが体感として分かります。

セッションで自分と自分の中の存在が深呼吸をして入れ換わったときには、
とにかく声に出してみる、ということをおすすめします。
これでいいのかな、とか思考が働くと言葉が出なくなるかもしれないので、
分からなくてもとにかく言葉に出してみるといいです。


私は今後も、その時その時に自分に必要なソウルチェンジを繰り返し、
セッションで確認することをしていきたいと思っています。

最近では以前の職場から誘いを受け、前よりも自分の希望に合った形で再び職場に戻り、
一時期、力強い男性の魂が来て職場の環境を改善したりしました。
その後、自分があまり意識してこなかった女性的な楽しみや美しさについて
示唆を与えてくれる女性の魂、そしてそれを発展させるための魂が入っています。
仕事の中で他の人を指導する状況も生まれ、
以前とは違って思ったことをはっきりと言える自分になっています。

もしかすると、自分のことが好きでない、という人は多いかもしれませんが、
私は、魂が変わるうちにこの存在と一緒だから安心、一人じゃないんだと感じられて
結果的に自分を好きになりました。

ソウルチェンジを繰り返す毎に、魂もどんどん進化した存在になって、
自分の意識にないもの、その時必要な資質を持って来てくれるので
自分の中にいてくれる魂から学びたいなという気持ちがすごくあります。
その時々の学びが完了すると次に進めるので、
魂のミッションを完了させられるようにしていきたいなと思います。

ソウルチェンジすることで、自分が望んでいたこと何かが見つけられたり、
それができるようになったりと、いいことはいっぱいあるな、と感じます。

ソウルチェンジにリスクがあると思ったことはなく、それどころか自分が思った以上のものがあります。
私は女性として生まれてきたけど、魂が男性だと男性的に前に進む感覚を感じられたり、
子供の魂によって無邪気さを復活させたり、
意識的にしようと思わなくても選ぶもの食べるものの好みが変わったりして、
自分はこういうこともできるんだという楽しさがあり、すごく面白いなと思います。